カテゴリー別

掲載月別

治療の記録の検索

3.ブラケット一部装着(上顎犬歯/下顎大臼歯)(2001/7/11)

【治療】
上顎犬歯をゴムで後下方へ牽引中。

上顎右側4番と上顎左側4番Extの後に上顎右側3番、上顎左側3番下顎右側7,6番、下顎左側6,8番にブラケットを装置し、上顎右側3番と下顎右側6番を、上顎左側3番と下顎左側6番に輪ゴムを掛け後下方へ索引中。患者さんに物を食べるとき、歯をみがくとき以外は、輪ゴムをはずして、それ以外の時間は輪ゴムを装着していただくようお話ししました。

ブラケット一部装着
【患者さんからのコメント】
ゴムで歯が本当に動くものなのか…と半信半疑でゴムを装着しました。
しかし、食事のときに取り外したらものすごく痛い!!!
事前の説明で「歯が動くときには痛い」という説明を受けていたので歯が動いているんだ・・・だから痛いんだ、と自分に言い聞かせつつ1週間をやり過ごしました。
ゴム装着から1週間を過ぎると、痛みもなくなり食事もほぼ普通にとれるようになりました。



このページの先頭へ