3回目の来院

上のホワイトニング開始
PMTC、デモンストレーション、写真撮影[費用:10,500円]


上の歯のホワイトニングを行なう前に、歯をきれいに磨き、次に実際にホワイトニング剤とオーダーメイドのトレー(用語解説)を使ってデモンストレーションをさせていただきました。
以下に具体的な流れを解説します。

1)PMTC(professional mechanical teeth cleaning)
PMTCとは、専用のブラシやゴムチップを使用して歯科医師や歯科衛生士が歯の表面に付着している汚れやヤニ(くすみ)を取り除くことです。PMTCを行なうことによりホワイトニングをより効果的に行なえるようにします。
PMTC ゴムチップを使用しての清掃

2)ホワイトニングのデモンストレーション
ホワイトニングのキットとオーダーメイドのトレーを使ってご自宅でのホワイトニングの進め方を説明させていただきました。
安藤さんの場合は1日2時間から4時間ホワイトニングをしていただき、1週間後に見せていただくことにしました。
キット
▲キット
オーダーメイドのトレー
▲オーダー
メイドのトレー
ホワイトニング剤注入
▲ホワイトニング剤注入
トレー装着お口の中にトレーを装着。
(外見的にはほとんど目立ちません)


3)ホワイトニング前の記録
ホワイトニングの効果を比較検討できるように、ホワイトニングをはじめる前の正面のお顔、口元、口の中の状態を写真で記録しておきます。
治療前

【担当医師竹村のコメント】
ホワイトニングのキットと印象採得(用語解説)から作成されたオーダーメイドのトレーを使って、ご自宅でのホワイトニングの進め方を説明させていただきました。
まず、オーダーメイドのトレーをお口の中に装着し歯肉にあたるところがないか、しっかり歯に合っているかを確認しました。

注射器のような容器に入っているホワイトニング剤をオーダーメイドのトレーのホワイトニングをする歯の部分に入れ、お口の中につけていただきました。

安藤さん自身にも、自宅で安心してホワイトニングができるよう。実際、装着を試していただきました。一般的に、ホワイトニングに必要な3、4時間を生活の中でどう組み込んでいくか難しい面もありますが、TVを見ている時間、読書をしている時間など、比較的、会話することが少ないまとまった時間をとるようアドバイスをさせていただきました。

安藤さんの場合、ご自身工夫されて1日2〜4時間ホワイトニングをしていただき1週間後に見せていただくことにしました。

4回目の来院

上の歯のチェック1
上のホワイトニング開始1週間後[費用:1,050円]


▼1週間後/色チェック
上のホワイトニング1週間後

【担当医師竹村のコメント】
ホワイトニングをはじめて1週間後、お口の中のチェックをさせていただきました。
自宅でのホワイトニングの状況を聞かせていただき、問題がないか確認し、色チェックをを行なってホワイトニング効果の判定をしました。

5回目の来院

上の歯のチェック2
上のホワイトニング開始2週間後
下のホワイトニングの準備[費用:11,550円]


上の歯のホワイトニング開始2週間後にお口の中をチェックをさせていただき、ホワイトニングの効果を色チェックで再度判定しました。満足のいく白い歯が得られたので、上の歯のホワイトニングは終了としました。
下の歯のホワイトニングの準備として下の歯の印象採得をし、オーダーメイドのトレーの準備をしました。

▼2週間後/色チェック
上のホワイトニング2週間後

【担当医師竹村のコメント】
上の歯のホワイトニングをはじめて2週間後ですが、色チェックでは上の前歯4本は最初に比べると1〜2段階白くなっていることがわかりました。
上下の歯の色が違うので、安藤さん自身もホワイトニング効果を実感でき、満足していただけたようでした。
ただ、上の前歯の表面に、白い筋が浮き出していて少し気にされていました。ホワイトニング終了後も歯の中に残っている薬の効果で徐々に白くなったり、全体の色がなじんでくるタイプではないかと説明させていただき、次回までホワイトニングをしないで様子を見ていただくことにしました。

今回でひとまず上の歯のホワイトニングは終了とさせていただき、下の歯のホワイトニングの準備に入り印象採得(用語解説)をしました。

6回目の来院

下のホワイトニング開始[費用:10,500円]

下の前歯6本のホワイトニングを開始しました。
下の歯に関しても1日2時間のホワイトニングをしていただき、1週間後に見せていただくことにしました。

▼下の歯用のトレーを装着
下の歯のホワイトニング開始下の歯のホワイトニング開始

【担当医師竹村のコメント】
上の歯のときと同様に、本来の歯の色を専用の色見本で調べさせていただきました。その後専用のブラシやゴムチップで磨くPMTC(用語解説)をし、再度色チェックをさせていただきました。
作製されたオーダーメイドのトレー(用語解説)の装着を試し、あたるところがないか確認してから、ホワイトニングの方法を再度説明しました。
前回、安藤さんが気にしていた上の前歯の白い筋は、全体の歯の色に馴染み、目立たなくなっていました。

7回目の来院

下の歯のチェック1
下のホワイトニング開始1週間後[費用:1,050円]


下の歯のチェック1 下の歯のチェック

【担当医師竹村のコメント】
下の歯のホワイトニングをはじめて1週間後、チェックをさせていただきました。
安藤さんから「ホワイトニングをすることに慣れてきて、オーダーメイドのトレーを付けたまま寝てしまったことがあった。翌朝、温かいものが少ししみるような気がした」と報告があり、ホワイトニングの時間は守っていただくようアドバイスさせていただきました。
下の前歯は他の歯に比べて小さく、エナメル質も薄いことから、しみる場合が上の歯に比べて多いことを説明しました。「通常のホワイトニングの装着時間ではしみることはない」と言われましたので、もう1週間1日2〜3時間のホワイトニングをしていただくことにしました。

<< | 2/14PAGES | >>



このページの先頭へ